https://store-images.s-microsoft.com/image/apps.30260.60f32352-2cc0-4cac-9fed-0e9a8de01bfc.f62029c4-d669-4235-9cbf-c8575c9c8852.0ef403e8-d9d7-4815-8e71-f8b35b693470

LUiNa offer 1

IIM Corporation

「LUiNa」(ルイナ)は、お客様が蓄積されている時系列データから、予兆検知・予測を行うサービスです。

This application is available only in Japanese. 「LUiNa」(ルイナ)は、お客様が蓄積されている時系列データから、予兆検知・予測を行うSaaSサービスです。 IIMが30年間培ったコンピュータのパフォーマンス管理ノウハウと機械学習エンジンを融合させることで、2019年1月に誕生しました。 コンピュータやネットワーク機器、設備機器のIoTセンサーデータ等…お客様がお持ちのさまざまな時系列データから、「いつもの動き」をオンライン学習、変化点検知により「not いつも」検知します。 周期学習により、毎日や毎週の「周期的ないつもの動き」も効率的に学習します。 また、忘却型学習も加えることで、常に最新のデータを優先的に学習。過去データの影響を徐々に忘れることで、環境変化にも順応しながら、常に高精度な予兆検知・予測を行うことが可能になります。 お客様からのお声 「おかげさまでサイレント故障を発見できております」 事例1)全国に設置している機器から、サイレント故障状態の機器を発見 これまでは、機器不良を起こしていても、現場担当者からのクレーム連絡により初めて気づいていました。 クレーム連絡が入ると、全国の保守拠点へメンテナンス作業員が駆け付け、機器不良の原因調査、復旧、関係者への報告を行っていたため、膨大な工数がかかっていました。 LUiNaを導入したことで、徐々に不調になりつつある機器を早期に発見することが可能に。 検知したら、翌日にはリモートでメンテナンス作業員が計画対処することで、クレーム前に事象を回避。駆け付け対応が0になりました。 事例2)DCにある大量のネットワーク機器から、サイレント故障状態の機器を発見 監視ツールを導入し、複数の項目を監視しているものの、アラート通知が多すぎて対処しきれていませんでした。 また、アラート通知がきた時点ではすでに機器不良が発生しているケースも多く、原因調査や復旧、事後報告に多くの工数を割いていました。 LUiNaを導入したことで、不調になりつつあるNICや機器自体を早期に発見することが可能に。 検知したあと数日以内に代替機への交換や、ルーティング変更等を計画的に実施することで、障害発生件数を大幅に減らすことができ、少人数の運用体制を築くことができました。
Īsumā
https://store-images.s-microsoft.com/image/apps.57464.60f32352-2cc0-4cac-9fed-0e9a8de01bfc.f62029c4-d669-4235-9cbf-c8575c9c8852.6340f5f3-d4dd-4bc1-b2ed-c172c3a36921